<< 「人に伝える」−営業研修− | main | 「人に伝える」−足元をみられる行動− >>

スポンサーサイト

  • 2010.05.27 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「人に伝える」−話し方−

今日は「話し方」について語ります。

クライアントの社長や部長、営業マンで「話し方」に満足されて

いない方が非常に多く思います。

社長であれば一代で現在の会社を立ち上げてきているので交渉や

人との会話を楽しむくらいであると思っていましたが現実は

違うようです。そんな社長や部長・新人営業マンはどんな悩みが・・・。

/輿阿馬辰修Δ箸垢襪函△佞襪─Δ匹發蝓赤面になる。

∀辰稿睛討一瞬にして頭から消えていく。

質問に答えることが出来なくなる。

じ斥佞出てこない(「伝える」ことが出来ない)などなど。

以前面白い話を聞いたことがあります。

人前に出て緊張からスピーチ等が出来ない人は「学ぶより慣れろ」

と言われる人が居ますが、そんでもない!ことですね。

人前に出て“緊張・ふるえ・どもり・赤面”になる人が「慣れる」

場面に出ようとするのか、またそんな「慣れる」程の場数にあたる

機会があるのか?です。

人前に出て“緊張・ふるえ・どもり・赤面”の人は「慣れるより学べ」

と「学び慣れろ」です。

人前で喋ることが大好きな私も、数年前までは人前で話すことが

あまり好きではなかったのです。

人によりきっかけは違います。またきっかけが有り変われる人は

ほんの一握りです。きっかけが無い環境であれば一生「話す」事で

悩まなければいけないのです。

きっかけが無い環境の方へ面白い情報です。

www.hanasi.jpではそんな「話し方」でお悩みの方々へセミナー

を開催しています。興味のある方は一度覗いてみてください。

スポンサーサイト

  • 2010.05.27 Thursday
  • -
  • 22:08
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
梅原さんのおっしゃる通りですね。
学ぶこと、大切です。
学び知り、練習し、実践に備える。
自信が持てるようになれば、
怖さも半減します。
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
あがり症・緊張の緩和対策
前回は、水谷修先生の話から、あがり・緊張の話へと流れていきました。そこで対策です。
  • 感動!感激!うけるプレゼン・講師の話し方
  • 2007/09/14 3:59 PM
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM