<< 「人に伝える」−学ぶ− | main | 「人に伝える」−成功体験− >>

スポンサーサイト

  • 2010.05.27 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「人に伝える」−質−

今日は「質」について語ります。

日々の業務の中で自分の仕事内容を見つめた場合「質」は

高いですか?低いですか?。

自分のスケールで「質」を考えた時、満足していないと

考えている人は多いのではないでしょうか?

「質」とは提供するサービスの先に居る相手の「質スケール」を

知ることが重要です。

「質」を考える時

〜蠎蠅竜瓩瓩襦崋繊廚鮹里

∩蠎蠅痢崋船好院璽襦廚鮹里

D鷆‖Δ痢崋繊徂現爐鯒Ъ韻垢

相手が求める「質」や「質スケール」を知らないと独りよがりの

「質」の追求になってしまいます。

相手の求める「質」「質スケール」以上の内容を提供できたと

しても、その「質」は相手の満足度に繋がっているのか?

を考える必要があります。

思い込みの「質」=「満足度高」ではないのです。

介護保険事業であれば「有する能力を奪わない」ですから

提供側と顧客側の「質」は大きくズレが生じる可能性が大です。

提供側とすればあれもこれも提供したい=「質」高と考えがちですが

顧客側とすれば求めていない提供(やりすぎ)=「質」低なのです。

「質が良い」「質が悪い」は提供側の満足度で考えるのではなく

提供される顧客側で考えることが重要です。

スポンサーサイト

  • 2010.05.27 Thursday
  • -
  • 01:33
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM